鳥潟会館のとっておきポイント!

torigata_01こんにちは。今日は秋田県の文化財・名勝に指定されている鳥潟会館をご紹介します。
鳥潟会館は旧鳥潟家住宅と庭園から成ります。
旧鳥潟家住宅は第17代・鳥潟隆三により1936年(昭和11)から5年をかけて増改築して整備されました。のべ1000人以上の京都の大工・庭師が携わった住宅は、各地の良材が使われた京風の屋敷として生まれ変わりました。
主屋は1760年代初めの建築とされ、1936年の曳家ののち増改築しました。敷地面積は約8,200㎡。延べ床面積は約790㎡あります。

今日の記事では訪問の際に、鳥潟会館でぜひ注目してもらいたいとっておきポイントを書きたいと思います。

まずはガラス戸。


ガラスをななめに見ていると、縦方向に少し凹凸があり、像が揺らめきます。(写真で上手く見せられずごめんなさい!)
こちらは小坂町の鉱山事務所と同じくドイツ製。機械ではなく全て手製で、ところどころ気泡があります。全て昭和初期に作られたものです。
torigata_04
鳥潟家の家紋である三盛亀甲花菱が透し彫りされています。もちろん手彫りです。紋様を繊細に浮かび上がらせます。
torigata_05
変わった模様の天板。こちらは廃材を利用して作られたものです。
複雑なパズルのようですが、色彩や木目の組み合わせなど、徹底した美意識が感じられます。
origata_06
京都の鞍馬石でできた庭石。板状に剥がれる石質なのだそう。
torigata_07
苔むす手水鉢は鳥海石。
随所に県内外の良材が使われています。
torigata_08
雪の落下による事故防止のため、冬季は庭園へは入れません。それでも窓から雪の積もった松は趣のある眺めです。
四季折々の風景を楽しめる場所として、多くのお客様が訪れます。撮影スポットとしても有名で、最近は七五三の写真撮影に利用される方もいたそうです!

ちなみにガイドさんは「コスプレ撮影での利用ももちろんOKです!」と仰っておりました。その利用目的は思いつきませんでした…。撮影での利用のほか、鳥潟会館はお茶会や会議等でのお部屋利用も受け付けています。料金など詳細は管理者にお問い合わせください。
torigata_09
鳥潟会館
〒017-0005 秋田県大館市花岡字根井下156
Tel 0186-46-1009
開 館 9:00-17:00(11-3月は9:00-16:00)※入館は閉館30分前までです。
休館日 月曜日(月曜日が祝・休日の場合は開館し、翌日休館)
年末年始(12月29日~1月3日)
入場料 無料
交 通 秋北バス 大館駅前 → 花岡本郷/鳥潟会館前 下車(約20~30分)
自家用車
鳥潟会館正面の駐車場をご利用ください。大型バスも駐車できます。
管理者 大館市教育委員会(大館郷土博物館)
HP http://odate-city.jp/museum/information/relation/torigata

関連記事

ページ上部へ戻る