おおだて雪景

こんにちは。
雪の日が続いている大館。しんしんと降る雪に覆われた街は、いつもより少し静かです。

今日は1月から今日に至るまでに撮影した「おおだての雪景」をお送りします。

こちらは1月上旬に訪れた独鈷大日堂での風景。
思わず天を見上げてしまいます。背の高い樹からはらはらと落ちてくる雪。
神社の雰囲気も相まって幽玄さを感じてしまいました。
odatesekkei_01

同時期に撮影した大館駅前のジャンボ枝アメ。この日は早朝に-10℃(!)を観測しました。

odatesekkei_02 odatesekkei_03

きりりと凛々しいハチ……の足元には、ミニ雪だるま。誰が作ったのかな??

odaatesekkei_04 odatesseki_05

大館の寒さを物語る枝アメは、樹枝状の結晶を纏っていました。
快晴の空とのコントラストがなんとも美しい~。

そして本日の大館。
アメッコ市の後、寒さが緩み路上の雪も大部分が融けた~!と思ったのも束の間。
昨日からはずっと雪が降り続けています。

odatesekkei_06

秋田犬の群像は家族そろって雪のマントと帽子をかぶっています。

odatesekkei_07

ハチ公は雪をかぶりながらも、大館駅を行きかう人々を毎日出迎えてくれます。
この季節大館にお越しくださるお客様も、雪景色をバックにハチとの記念撮影を楽しむ方が多いです。

アメッコ市が終わると、春らしいあたたかさがやってくる…とよく言われるのですが、まだまだ冬将軍は大館の雪景を楽しんでいるようです。

スタッフ S

関連記事

ページ上部へ戻る