好評上映中「母 小林多喜二の母の物語」

こんにちは。
大館市の映画館御成座では、5/6より「母 小林多喜二の母の物語」を上映しています。
mother_takiji01
大館に生まれたプロレタリア文学作家・小林多喜二の母の半生を描いた映画。
母・セキ役の寺島しのぶの熱演が話題を呼んでいます。また、セキの少女時代は、生まれ育った大館の地でロケをおこないました。

STORY:秋田県の釈迦内村にある貧しい家の娘に生まれたセキは、15歳で小林家に嫁ぎ、三男三女を生み育てた。次男の多喜二は叔父の援助により商業高校を卒業、北海道の銀行に就職するが、やがて労働運動と執筆活動へとのめり込んでいった多喜二の書いた小説が危険思想とみなされてしまい…。
(御成座公式HPより引用)

mother_takiji02

観光案内所スタッフも、いち早く試写会に行ってきました!
前評判通り、寺島さんの熱演に惹きつけられました。情感のこもった台詞や視線、佇まいは、見ているこちらの鳥肌が立つような……狂おしいまでの母の慈愛を感じさせます。
山田監督はひとりの女性の立場から、映画を通じて戦争の批判さを訴えます。「母」セキとは特別な存在ではなく、山田監督や世の母、女性の想いが投影された等身大の姿ではないでしょうか。

「母 小林多喜二の母の物語」
監督:山田火砂子
脚本:重森孝子、坂田俊子、山田火砂子
原作:三浦綾子
*特別料金での上映となります

上映期間 5/6~7/2
上映時間 御成座「母 小林多喜二の母の物語」上映スケジュール
◆入場料
【前売り券】1,100円 取扱先:JAあきた北農業協同組合大館市内各支店(0186-42-8112・本店総務部)、大館商工会議所(0186-43-3111)、いとく大館ショッピングセンター(0186-49-1717)、御成座(0186-59-4974)
【当日】一般・シニア・大学生:1,500円  中高生:800円

前売り券は大館市観光案内所でも、1,100円で販売中です!
枚数に限りがございますので、ご注意ください。

スタッフ S

関連記事

ページ上部へ戻る