十二所かまくらやき

  • 2016-12-27

紀行家・菅江真澄(1754~1829)の随筆によると、1803年(享和3年)に大館市十二所を訪れた際、炭俵に落ち葉を詰めて、それに火をかけて振り回す、「かまくらやくの祝い」という行事が行われていたとあります。
俵に火をつけて振り回す行事といえば、角館の「火振りかまくら」が有名ですが、秋田県内の7ヶ所くらいで行われていたとされています。
十二所の「かまくらやき」は俵の中に落ち葉を詰めてある事が特徴で、菅江真澄も随筆の中で「落ち葉を詰めた俵に火をかけて、さかんにふりまわすと、雪の上に紅葉の散るように火花が舞い散って、いちだんと風情があった」と書かれてあります。
十二所(秋田県大館市)の有志が2011年から、その行事を復活すべく頑張っています。

開催当日はミニコンサートやかやき炊き出しなどもおこなわれます。

関連blog記事
イベントレポート*平成29年十二所かまくらやき

イベント名 十二所かまくらやき( じゅうにしょかまくらやき )
MAP
開催地 十二所公民館
開催期間

毎年2月14日 17:30頃から

料金

見学無料です。
また、ご希望の方はどなたでも燃えさかる俵を持って回すことができます。

アクセス

JR奥羽本線大館駅から車 国道103号線経由で30分
JR花輪線十二所駅から徒歩5分

駐車場 あり
ホームページURL http://www.gi-r.com/kamakura/index.html
TWITTER
FACEBOOK

お問い合わせはこちら

お問い合わせ先
住所
電話番号
※お問い合わせ時に「どだすか大館を見た」とお伝えいただければ幸いです。
FAX番号
メール kamakura@gi-r.com

十二所かまくらやき

このお店の情報を、QRコードで読取って携帯でもご覧いただけます!

※本サービスの性質上、掲載情報は保証されません。
移転・閉店など掲載情報に誤りがある場合は、こちらの【お問い合わせ】からご申請ください。

ページ上部へ戻る